:: CueSpec ::

Remote Region

鞭打ってどうにかなるを過ぎた悲しみ

新年を迎えたと思ったら、はや2月ですね
若い頃は早く歳をとりたいと思ったもんですが
最近はもう、若い頃の自分に戻りたい心境ですわ

何がどうって、チョロQの小ささがキツくなってきた
視力がガタ落ちで以前よりも作業がし難くなってきた

視力補正で眼鏡とかコンタクト・レンズとかを使えば
恐らく、今感じている障害は解決されるとは思うけど
まだ自力再生を諦めたくない気持ちが上回ってたので
今日まで道具に頼る事を頑なに拒否していた訳ですが

作業用の虫眼鏡が欲しい今日この頃です

たぶん、年内には虫眼鏡を買う事になりそうですが
チラっと商品検索してみても迷って決まらなかったり

ライト付が良いかもとか、卓上タイプか装着タイプか
なんて事で使うシーンを想像しても線引きができない
もう少し作業してみて結論を出す事になりそうですが

加齢による劣化に抗えない悲しみを痛感中



走りの改造は全くやってないし、今後も予定は無いのですが
安いと言うだけで購入したQ君達をどうすっぺか?な問題で
今年はアホ改を極めていこうかと思っているところでごわす

走りの性能を視野に入れないとなれば自由度は飛躍的に増大
ただ、塗装やデカール作成などは面倒だし出来ないしって事で
何かの対象を元に再現性の高いカスタムはできそうにもないので
ホットウィールのような自己完結型・空想マシーンでいこうかと

『一体なに?』、『意味わかんね』

インスタでも書きましたが、顰蹙覚悟のアホ改で行こうと決めました
ぶっちゃけ、それが一番自分らしい気がしてならないってのもあります

理研の空想科学と違い、ネイチャーで発表したり社会問題にはならないので
そう言う意味では健全なのではないかと思ってます。比較が突飛過ぎるか(笑)
薬のネット通販ならネット総合病院
  • ライブドアブログ